×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

変わることを恐れない コミュニケーション能力不足からの大逆転

コミュニケーション能力の達人岩波英知先生の評判 会話の格闘術の教え

変わることを恐れない人間になる 性格変えたいとずっと思っていたのに変化を恐れる人間になっていた コミュニケーション能力不足のままかわれないのも地獄 どうしたらいい?


私の会話の格闘術セミナーのコーチ:岩波先生の印象

心理セラピストとしての実績と評判の高さ、無意識への魔法のようなテクニック、カウンセリングの能力。
それだけではなく、コミュニケーション能力も特筆すべきだと言いたいです。
どれも規格外で、完全に岩波ワールドを作り上げてます。

岩波先生のすぐ人を虜にできるコミュニケーション能力は、まさにカウンセラーやコーチの鏡です(一般的なカウンセリングやコーチングはしませんが)。
職場でも会話の達人はいましたが、岩波先生ほどのキャラの持ち主は今まで見たことがありません。
「俺は俺、人は人」を完全に確立している人といったら、うらやましがる人もいると思います。

岩波先生は話し上手というよりもコミュニケーション『脳力』と反射神経が鋭い

あと、会話の達人と書けば、口が達者と思うかもしれませんが、先生の場合は流暢に喋る感じよりも、とても会話の反射神経が早いと感じました。
鋭さ、中身があるというか、心にいちいち響いてくるものでした。
これが、生の「会話の格闘術」なんだなと毎回いい刺激を受けていました。

「人にどう思われてもいい、人から変に思われても関係ない」という肝が座って生きているからこそ、誰ともうまくいっている良い見本です。
人とうまくやろうとすればするほど、人間関係って反対にうまくいかなくなったり、努力に見合った成果は上げられなかったのですが、発想を転換するだけで、だいぶ人間関係がマシになりました。
それは先生の普段からの人との接し方や考え方を学ぶことで身につけましたし、それが大事だと教わりもしました。

人間の深層心理を把握している、脳の動きを読める達人

いわゆる話し上手といわれるタイプですが、岩波先生はよく奥さんから「主語、述語がなっていない」と言われるそうです(笑)。
たしかにその通りです! それに話がすぐ転換したり、自分のペースで話します。
自己主張もするときはしますし、聞き役に徹する時はそうしています。
ただしせっかちなタイプなのは間違いありません(笑)

人間の深層心理やコミュニケーション能力の本質がわかっているといったほうがぴったりきます。
話し上手とか、綺麗な話し方なんか関係ないところに岩波英知マジックの本質がありました。
充分以上の会話技術、話し方のスキルをもっている人だけど、心のコアのハートを感じさせてくれる先生です。
熱意や温かさ、厳しさ、優しさ、すべてにハートがあり、また言っていることも一貫していて、非常に私の弱点を的を得て言ってくれます。

人との距離の取り方も抜群にうまく、それに虜になる人が多いのではと思います。
まあ、人慣れしていない人は、戸惑うかもしれませんが。

真のコミュニケーション能力は意思伝達ではなくハートを伝えるかどうか

岩波先生はハート>話し方の技術という大前提で生きていると思います。
多くの人は、昔の私も含め、いかにうまく話すかのための技術を身につけようと必死で努力してきました。
うまくおさめよう、上手にきれいに話して得点をとろうとしています。
でも効果が出なかったのは、私にハートがなかったからです。

感情を込めて話していなかったからです。
感情を出すと言うことは、ただの言葉に言霊がのります。
相手を説得するためにはこちらが醒めていてはダメでしたし、どうしても醒めている感情を無意識の抑圧から救っていくことをやっていきました。
だから会話の格闘術は本だけでは学べない世界だと思います。

こちらが感情を見せないと、相手は感情を見せてくれません。
これは人間関係の鉄則です。

コミュニケーション能力が低い人の特徴

相手が感情を見せて自分に応対してくれたとき、けっこう気持ちいいものじゃないですか? 
だから、この人と話していたいと思うし、気に入るわけです(岩波の言葉・講演集 コミュニケーション、話し方、会話術編に書かれてあるので参考にして下さい)。

なのに、大部分のコミュニケーション能力に不足を来している人は、感情を出して話すことを「恥」だと思ってしまうんですね。
そういう人生を送ってきたわけですが、これは親だったり家族の影響だったり、周囲の環境、学校での出来事がそうさせているわけです。
そういう部分を分析して脳に整理して焼き付けることもやっていきました。
これも会話の格闘術獲得に、そして話し下手克服に必要不可欠だと感じています。

「恥をかく」ことこそが、人間関係がうまくいく秘訣だと岩波先生はよく言います。
え、それって逆じゃ? 
恥をかいたら、相手に変に思われるに決まっていると考えてしまうあなたは、立派に人間関係に行き詰まっていると思います。

恥をかけない人は存在が恥となるコミュニケーション能力の低さを結局露呈してしまう

実は、恥をかかないように取り繕ってすましている人間ほど、忌み嫌われる! これも人間関係の鉄則です。
そんな取り繕っている人間が恥をかいたら、ものすごい大恥にみんなにとらわれてしまいます。
ん? 恥をかかないようにしていることが、大恥につながってしまうと言うことです。
だから、自己主張がさらにできなくなるというスパイラルに入り込んでしまうんですね。

いつも小恥をかいて、感情を見せられる人間は、恥を大きくかいても周りは何とも思いません。
逆に人間的魅力をその人に感じるかもしれません。
私たちに心を開いているからこそ、そんなことができるのだと。
そんな話をして、私の会社の中での姿勢がいかに人にとって、「良くない存在」だったか思い知りました。

考えていたって始まりません、変わりたいのならば行動あるのみ

結論を言いますと、岩波先生は恥をかける人間だから、コミュニケーション能力の達人なんだと言えるし、こちら側(クライアント)も信頼できるということですね。
会話の技術・話し方の方法を覚えるのもたしかですが、ベースから教えてもらえるのは、岩波先生だけでした。
ノウハウ、技術ともにスゴ腕なのは世界にもほとんどいないでしょう。

本能からの構築と理性の部分、両方コミュニケーション術を覚えて身につけていけば、鬼に金棒なのは間違いないです。
さぁ、これからは感情を見せて、恥をかいていこう。
それが、恥をかくことへの恐れが減り、感情的にハートを込めて会話が出来る存在になれるという近道でした。
勇気も必要ですし、そこも会話の格闘術セミナー中に教えてもらってください。

次の記事へ

人間関係向上と会話術・話し方の苦手などに関連したリンク集

変わることを恐れない コミュニケーション能力不足からの大逆転 会話の格闘術体験記