×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

変わることを恐れない コミュニケーション能力不足からの大逆転

subglobal1 link | subglobal1 link | subglobal1 link | subglobal1 link | subglobal1 link | subglobal1 link | subglobal1 link
subglobal2 link | subglobal2 link | subglobal2 link | subglobal2 link | subglobal2 link | subglobal2 link | subglobal2 link
subglobal3 link | subglobal3 link | subglobal3 link | subglobal3 link | subglobal3 link | subglobal3 link | subglobal3 link
subglobal4 link | subglobal4 link | subglobal4 link | subglobal4 link | subglobal4 link | subglobal4 link | subglobal4 link
subglobal5 link | subglobal5 link | subglobal5 link | subglobal5 link | subglobal5 link | subglobal5 link | subglobal5 link
subglobal6 link | subglobal6 link | subglobal6 link | subglobal6 link | subglobal6 link | subglobal6 link | subglobal6 link
subglobal7 link | subglobal7 link | subglobal7 link | subglobal7 link | subglobal7 link | subglobal7 link | subglobal7 link
subglobal8 link | subglobal8 link | subglobal8 link | subglobal8 link | subglobal8 link | subglobal8 link | subglobal8 link

 

職場での人間関係

こんにちは。コムサンです

終身雇用が崩れてきたとはいえ、一度就職したら、60や65になるまで、同じ会社で勤めなければならないのが、まだまだ日本の現状であります。これは安定という意味ではいいかもしれません。でも、同じ職場で一度人間関係が崩れて、のけ者にされたり、窓際になって干されてしまったら、あと何十年も同じ境遇で過ごさなくてはいけなくなります。日本で自殺が多いのもそういう逃げ場のなさが原因かもしれません。

これって考えるだに恐ろしいことじゃありませんか? まだ学校だったら、6年、3年、3年と区切りがあるから、クラスで浮いた存在でも卒業すれば一応チャラという形になります。社会人だって、職業選択の自由はあるし、やめようと思えばやめられるし、転職をしようと思えば出来ます。でも、それをやり続けていると、どんどんキャリアを積み上げることが出来なくなって、社会的地位も低いままになります。ヘッドハンティングされる人は別ですよ。つまり動くに動けないのが社会人であり職場環境といったものです。職場の人間関係がこじれたままになると悩みはどんどん増して鬱病になるケースが多いです、実際。

人間関係で干された人間はやめるか、窓際で低調のまま過ごすのか、うつ病になるかしか道はなくなる恐れがあります。一度休職したら、ますます復帰は困難です。転職は給料が下がる恐れもあり、またやり甲斐のある仕事ができる保証はありません。家族がいたらますます一つの職場でしがみつかなければいけなくなります。

怖い、怖すぎる! 職場の人間関係の悩みはみんな持っていますが、自分がコミュニケーション能力や対人スキルを有していたら避けられることはたくさんあります。社会で生き残るためには、ナントしても私には手に入れたい技術でした。

うまく転職が出来たとしても、人間関係がまずくなるたびに会社を辞めていたんでは、今度の会社でも失敗したときのダメージは大きくなりますよね。自分がどこの職場にいても、浮いた存在、つまはじきものだと事実としてわかってしまうからです。生きる希望もなくなってしまうのはつらい! どこかで自分を変えなければいけません。しかしどう変わったらいいか、どうやれば変われるか方法は見つからないのが私の過去でした。

ここで私が今までいってきたように、もし人間関係が苦手な人だったら「変化」をするしかないんですね。人間関係が得意にならなくちゃ、今後何十年お先真っ暗です。もし家庭を持っていたなら、家族のためにも会社を辞めるわけにいきません。退路は断たれているようなもの。前向きに変わるしかないんです。しかしです! いかに自分を守ったままで、うまく切り抜けるかばかり考えてしまうのが人間です。変化しないでうまく得点をとろうとすることは、最悪の選択です!

私も自分の現状をよくよく考えてみると、今後何十年いかに惨めに生きてしまうだろうか自覚できました。その未来は、誰も経験したくない地獄でした。もう変わらないままいくこと自体が恐怖の何ものでもなかったんです。今までの自分に決別し、プラスに自分を変えることもおっくうだったし怖かったですが、どちらにしても退路も先行きも暗かったわけです。ならば、怖くても先に光が差してくるような道(自分を変える!)を選ぶしかなかった。

幸い私はいい師匠と出会うことができたわけで、独力では押しつぶされていたでしょうに、「変化することの楽しさ」を味わうことが出来、なんでもチャレンジするモチベーションまでつけることが出来ました。主体的意思の快感はそれを発揮した人にしかわからない喜びです。それを味わうことができました。

職場の人間関係を向上しようと思ったとき、私が変わることを恐れていたら、新たに良好な人間関係を周囲とは結べなかったのは間違いありません。相当勇気を必要としましたが、そのときこそ、一生低調のまま続く人生を思い起こして、また心強い助言を得て心を奮い立たせました。モチベーションの源はいくらでもありますよ。

最初は人間関係を構築するための壁が高かったんですが、しばらくすると、周囲も変わってきた私を受け入れてくれました。それも違和感なくです(最初はあったかもしれないけれど)。人の心って単純なんですよ、みなさん!
怖がることはないです。怖がる必要はそもそもないんです! 私の経験でも、ソリが合わない人だって、ひとたびきっかけがあれば、仲良くなれるもんです。 そのためのコツはあるんだけど、こつこつ書いていきたいと思います。
とにかく!怖がるのは、あくまで自分自身の問題です。人が怖いのではなく、人に自分自身がどう思われるかという恐怖感の方が圧倒的なんです。複雑にくよくよ考えて悩んでしまうのは自分自身の問題で、人の性格や職場の人間観関係なんて関係ないです。

人は単純で、怖い存在じゃないし、厄介な存在じゃない。厄介なのは自分の心しかあり得ない

だから敵は自分しかありません。自分に打ち勝つことは、すなわち変化をすることです。
変化(成長)が出来るから、自分自身が好きになるし、自信も得られます。こちらも読めば参考になると思います。この言葉に力を借りて壁を乗り越えて言っている人は大勢います。頑張りましょう!

次の記事へ